お客様


平素より東鉄タクシーをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊社では、お客様に安心してご利用いただけるよう、全従業員が感染防止対策として以下の取り組みを行っております。


お客様への感染予防

  1. 全従業員の健康チェック
    出勤前に自宅で検温し、37.5度以上の熱があるときや感染の疑いがあるときは自宅待機します。
    さらに、始業時にも検温を実施して、37.5度以上の熱がある場合は勤務せず自宅待機します。
  2. マスクを着用
    (ドライバー全員にガーゼマスクを支給しました)
  3. タクシー車内の換気
  4. タクシー車内の消毒
    ドライバーによるタクシー車内の消毒を、お客様降車後に毎回実施します。

従業員の感染予防

  • 咳エチケットと手洗い励行
    厚生労働省の感染症対策に基づき実施しています
  • 社屋内の設備や備品の消毒
    ドアノブなど手に触れる部分や飛沫の飛ぶ範囲を重点的かつ高頻度に実施しています
  • 他部署への移動を制限
    人との不要な接触を避けるようにしています


2020年4月6日
東鉄タクシー株式会社


新型コロナウイルスの感染予防への取り組みの様子をご紹介

指導

感染対策の周知

手洗い、咳エチケットや密閉、密集、密接を避けるなど、厚生労働省の感染症対策の説明など所長から「感染しない、感染させない」
ための指導を受ける様子

検温

始業時の検温

検温の様子。
出勤すると始業前に全員が検温を受けます。
37.5度以上の熱があれば乗務させず、自宅で健康観察します。

#

消毒(屋内)

営業所内の消毒作業の様子。
1日12回、時間と場所を定めた消毒計画表に従って実施します。

#

消毒(車内)

タクシー車内の消毒作業の様子。
出庫、入庫時に取手など手に触れるところやシートを消毒。営業中は、お客様降車後に毎回消毒します。

貸切バス事業者
安全性評価認定
日本バス協会ホームページ